のぞりん☆彡 愛用のもの☆好きなもの☆人☆場所☆お店

小田木 望(のぞりん☆彡)が普段愛用しているものや、好きなもの、大好きな人たち、お気に入りのお店などを紹介します☆
<< CANAL CAFE | TOP | 携帯用の極小パソコン・・・なのに使いやすい! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -| - | - |
頭の中をグルグルと・・・『These Dreams』
何だかわからないけれど、頭の中で いつもグルグル流れている曲ってないですか?
私の場合はこの曲(笑)



Heart・・・【These Dreams】

Spare a little candle
Save some light for me
Figures up ahead
Moving in the trees
White skin in linen
Perfume on my wrist
And the full moon that hangs over
These dreams in the mist

Darkness on the edge
Shadows where I stand
I search for the time
On a watch with no hands
I want to see you clearly
Come closer than this
But all I remember
Are the dreams in the mist

These dreams go on when I close my eyes
Every second of the night I live another life
These dreams that sleep when its cold outside
Every moment I’m awake the further I’m away

Is it cloak ‘n’ dagger
Could it be spring or fall
I walk without a cut
Through a stained glass wall
Weaker in my eyesight
The candle in my grip
And words that have no form
Are falling from my lips

These dreams go on when I close my eyes
Every second of the night I live another life
These dreams that sleep when its cold outside
Every moment I’m awake the further I’m away

There’s something out there
I cant resist
I need to hide away from the pain
There’s something out there
I cant resist

The sweetest song is silence
That I’ve ever heard
Funny how your feet
In dreams never touch the earth
In a wood full of princes
Freedom is a kiss
But the prince hides his face
From dreams in the mist

These dreams go on when I close my eyes
Every second of the night I live another life
These dreams that sleep when its cold outside
Every moment I’m awake the further I’m away


蝋燭を少し残しておいて
私に光を頂戴
向こうの木の間越しに
人影が見える
シーツに覆われた白い肌
手首につけた香水
高く上った満月
全ては霧に包まれた夢の中

夜の果ての闇
私は暗がりに立ち
針の無い時計を頼りに
時間を探る
あなたをハッキリ見たい
もっとそばへ来て
私が覚えているのは
霧に包まれた夢だけ

目を閉じるといつも同じ夢を見る
私は夜通し別の世界を生きる
冷たいこの世界に戻れば夢は眠りにつく
目覚めるたびに現実から遠ざかっていく私

これは映画の世界?
今は春?それとも秋?
私はかすり傷ひとつ負わず
ステンドグラスの壁を通り抜ける
辺りは次第に暗くなり
私は蝋燭を握り締める
形を成さない言葉が
私の口からこぼれ落ちる

目を閉じるといつも同じ夢を見る
私は夜通し別の世界を生きる
冷たいこの世界に戻れば夢は眠りにつく
目覚めるたびに現実から遠ざかっていく私

あそこに何かが
嫌でも私を引き付ける
この苦しみから逃れたいのに
あそこの何かが
嫌でも私を引き付ける

私の知る限り
最も甘美な歌は沈黙
おかしな事に夢の中では
足は地に着かない
貴公子で一杯の森に入れば
キスが自由を与えてくれる
でも王子様は顔を隠している
霧に包まれた夢の中で

目を閉じるといつも同じ夢を見る
私は夜通し別の世界を生きる
冷たいこの世界に戻れば夢は眠りにつく
目覚めるたびに現実から遠ざかっていく私





JUGEMテーマ:音楽
13:00 | 好きなもの | - | -| - | - |
スポンサーサイト
13:00 | - | - | -| - | - |